主要な研究テーマ

都市と防災

都市の「安全性」という機能は、どこに目標を置くべきでしょうか?誰がどう評価するのでしょうか?そしてそれは、利便性や快適性などその他の都市の性能とどのようにバランスをとり、どうやって実現すればよいのでしょうか?

これらの手がかりとなる制度設計・計画立案のあり方について、都市計画的見地から研究しています。研究の方法論としては、災害調査、アンケート調査、非集計モデル、OR、ベイズ統計、機械学習、シミュレーション、ワークショップツールなどさまざまな手法を用います。ただのモデル化・可視化のみならず、自分で資料やデータを集め、自分で理論構築を行い、そして社会に向けた情報発信を含め、最終的に実装に結びつくような研究を志しています。


主な研究対象

主な研究テーマ

研究テーマとしては特に、
「都市計画・まちづくり」「被害予測」「人間行動(改善行動や避難など)」「市街地火災」 
の4点を重要視しています。

  1. 地震火災と津波火災
  2. 避難行動と逃げやすいまちづくり
  3. 帰宅困難者対策
  4. 震災時疎開研究と都市復興シミュレーション
  5. 被害予測シミュレーション
  6. 安全安心な都市構造の形成に関する研究
  7. 防災対策の行動モデルと制度設計への応用
  8. 効果的な耐震補強計画の立案
  9. 住宅用火災警報器の普及促進に関する研究
  10. 地震保険・火災保険の改善案の検討
  11. 災害調査

主な学術的興味

  1. 都市計画全般
  2. リスク工学
  3. 行動科学・意思決定論
  4. 都市解析
  5. 数学(特にOperations Research)
  6. 災害情報/防災情報

最近の具体テーマ

 

 

HPの内容や研究内容・取材等については以下にお願いします(できるだけメールでお願いします)。
●所在地:〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1東京大学工学部14号館909号室
●電話:03-5841-6253 ●FAX:未設置
●メール:hiroi@city.t.u-tokyo.ac.jp(@を半角に変えて送信ください).
東京大学大学院准教授 廣井悠  Copyright c 2016 U Hiroi. All Rights Reserved