主な学術論文(査読付き)

  1. 査読中
  2. 澤田基弘,廣井悠,護雅史,飛田潤:都市再構築における地下街総合評価指標の研究,地域安全学会論文集,pp.279-288,No.29,2016.11.PDF
  3. 廣井悠,大森高樹,新海仁:大都市避難シミュレーションの構築と混雑危険度の提案,日本地震工学会論文集第16巻第5号,pp.111-126,2016.04.PDF
  4. U HIROI,Jyunya AOYAMA:Study about the Effect of the Signature Indication for Evacuation in the Underground Space ,Journal of Disaster Research,Vol.11,No.2,pp.315-321,2016.03.
  5. 廣井悠:階層ベイズモデルを用いた地震火災の出火件数予測手法とその応用,地域安全学会 論文集,NO.27,pp.303-311,2015.11.PDF
  6. 廣井悠:2012年4月3日爆弾低気圧到来時における首都圏通勤・通学者の帰宅行動に関する質問紙調査,日本建築学会計画系論文集,Vol,80,No.714,pp.1853-1861,2015.10.PDF
  7. U HIROI,Akito MURAYAMA, Yoshihiro CHIBA,Hisashi KOMATSU, Masafumi MORI,Keiichi YAMADA, Nobuo FUKUWA:A Proposal of Multi-Scale Urban Disaster Mitigation Planning that Takes Regional Issues into Consideration ,Journal of Disaster Research,Vol.10,No.5,pp.887-899,2015.10.
  8. 廣井悠 :帰宅困難者と災害情報,社会情報学,第3巻3号,pp.39-60,社会情報学会,2015.
  9. U HIROI, Akihiko HOKUGO, Tatsuya IWAMI : Questionnaires Survey on Fires after the Great Disasters in Eastern Japan and its application, Operation Tomodachi - Fire Research Conference, National Institute of Standards and Technology, Washington,2015.
  10. Katsue EDO, Hiroharu OCHIHARA, Fusae KURIHARA, U HIROI:Introduction of a Qualitative Research using Picture Mining Methods: New Concepts from the Changes in Marketing Strategies, New Concepts from the Changes in Marketing Strategies, Business and Social Science Research Conference Paris, 2014.
  11. 廣井悠 :福島原子力発電所からの避難行動に関する調査と分析,都市計画論文集,No.49-3, pp.537-542, 2014.PDF
  12. 廣井悠 :津波火災に関する東日本大震災を対象とした質問紙調査の報告と出火件数予測手法の提案,地域安全学会 論文集,NO.24, pp.111-122,2014.PDF
  13. 廣井悠,山田常圭,坂本憲昭 :東日本大震災における津波火災の調査概要,地域安全学会 論文集,NO.18, pp.161-168,2012.PDF
  14. Tokiyoshi YAMADA, U HIROI and Noriaki SAKAMOTO:Aspects of Fire Occurrences Caused by Tsunami,One Year after the 2011 Great East Japan Earthquake  -International Symposium on Engineering Lessons Learned from the Giant Earthquake-, Program and Abstract Volume, pp.120, 2012.
  15. 廣井悠:地震保険制度における割引制度の妥当性とリスクコントロールへの応用,都市計画論文集,NO.46-3,pp.925-930,2011.PDF
  16. 加藤孝明,中村仁,佐藤慶一,廣井悠:未経験の復興状況に対応するための事前準備:復興状況イメージトレーニング手法の構築,都市計画論文集,NO.46-3,pp.913-918,2011.
  17. 廣井悠,関谷直也,中島良太,藁谷峻太郎,花原英徳:東日本大震災における首都圏の帰宅困難者に関する社会調査,地域安全学会論文集 ,NO.15,pp.343-353,2011.PDF
  18. 野竹宏彰,北後明彦,関澤愛,廣井悠:地震直後の全館避難に関するシミュレーション実験-避難シナリオに応じた避難誘導方策の考察-,構造物の安全性と信頼性,Vol.7,JCOSSAR2011論文集,pp39-42,2011.10.
  19. U HIROI, AI SEKIZAWA:Mathematical Model for Popularization of Residential Smoke Alarms,10th International Symposium on Fire Safety Science,University of Maryland, USA,2011.
  20. U HIROI, AI SEKIZAWA, AKIHIKO HOKUGO, TAKAYUKI KANEKO, LIU CHANG, HIROAKI NOTAKE and DAISUKE OIWA:Experimental Study on Walking Speed in the Presence of Obstacles on a Walkway assuming Fire Evacuation in a Department Store
    Asia-Oceania Symposium for Fire Science and Technology, 2010, [Best Presentation Award 受賞]
  21. 龍甚良,加藤孝明,小出治,廣井悠:中国の都市地震防災対策における地震被害想定の活用の現状と課題 −中国新疆ウィグル自治区ウルムチ市の事例としてー ,地域安全学会論文集,NO.12,2010,pp.157-165.
  22. 廣井悠,小出治,加藤孝明 :耐震補強工事に対する助成額検討手法の提案と簡易補強工事への応用,日本建築学会計画系論文集,第74巻,第641号,pp.1569-1576,2009,[日本建築学会奨励賞受賞]PDF
  23. 廣井悠,小出治,加藤孝明 :対策間の相互作用を考慮した防災対策行動予測モデルの提案,地域安全学会 論文集,NO.10,pp.365-375,2008,[地域安全学会論文奨励賞受賞]PDF
  24. 廣井悠,小出治,加藤孝明 :多目的な防災効果に注目した防災対策選択行動の構造分析,都市計画論文集,NO.43-3,pp.709-714,2008.
  25. Kei Horie, Shingo Nagamatu, Miho Yoshimura, U Hiroi and Haruo Hayashi:Proposal for Advanced Strategic Planning to Assure Seismic Safety of Dwelling Houses,2nd International Conference on Urban Disaster Reduction,2007.
  26. 陳麗如,小出治,加藤孝明,廣井悠 :台湾の社区営造(まちづくり)における高齢者の震災時の生活再建対策に関する研究,地域安全学会論文集,NO.9,pp.261-270,2007.
  27. 廣井悠,廣井脩:意思決定者の心理的要因を踏まえた耐震補強工事促進のための情報提供のあり方,日本災害情報学会誌 災害情報,NO.5,pp.95-107,2007.
  28. 廣井悠,小出治,加藤孝明:ランダム効用理論に基づく住宅の耐震補強に関する選択行動分析,地域安全学会論文集 ,NO.8,pp.89-97,2006.PDF
  29. 廣井悠,栗田治:市街地性状の異なる地域における火災拡大モデル,都市計画論文集,NO.39-3,pp.763-768,2004.

 

 

HPの内容や研究内容・取材等については以下にお願いします(できるだけメールでお願いします)。
●所在地:〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1東京大学工学部14号館909号室
●電話:03-5841-6253 ●FAX:未設置
●メール:hiroi@city.t.u-tokyo.ac.jp(@を半角に変えて送信ください).
東京大学大学院准教授 廣井悠  Copyright c 2016 U Hiroi. All Rights Reserved